PAGE TOP

変形性膝関節症の悪化にともない人工関節置換手術を行い、退院後に障害厚生年金の申請を行い3級に認定されたケース

統合失調症の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 右膝の痛みにより趣味のバレーボールが出来なくなり、次第に歩行時も痛みを感じるようになりました。 病院を受診するも、湿布薬で対処するしかないと言われ、通院を中 […]

思春期の頃より幻聴に悩まされながらも大学を卒業。その後、就職活動への影響から生活への不安を感じたため障害年金の申請を行い、障害基礎年金2級に認定されたケース

統合失調症の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 高校生くらいから幻聴を意識するようになり、それに加えて大学生になった頃からは周りに悪口を言われているような感覚、笑われているような感覚があり、2年間通学する […]

難病ジストニアの初診日特定を的確に行い、障害基礎年金2級に認定されたケース

ジストニアの障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 数年程前から歩き方が不自然な様子になり、同時にちょっとしたことで転びやすくなりました。加えて、発声がしにくいなど歩行以外の症状も続いたため、神経内科を受診し […]

両眼の視力低下を自覚~糖尿病性網膜症の診断~人工透析療法導入。仕事と透析通院により障害年金の手続き時間確保が困難なため社労士に依頼し、障害厚生年金2級に認定されたケース

慢性腎不全の障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 以前に健康診断にて血糖値の高さを指摘されたことはありましたが、特に自覚症状はなかったため、特に内科等へ受診はしていませんでした。 健康診断で異常値の指摘を […]

脳梗塞を発症後、介護サービスを利用。介護事業所支援員の協力により障害年金の申請を行い、障害厚生年金1級に認定されたケース

脳梗塞の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 頭痛や手の痺れが続いていたためMRI検査を受けたところ、小さな脳梗塞が見つかり、服薬治療を開始しました。以後、月に1回通院をしていましたが、治療開始から約1年後 […]

膝関節の痛みをきっかけに整形外科を受診。投薬治療を続けた後、人工関節置換手術を行い障害厚生年金3級に認定されたケース

両変形性膝関節症の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 膝関節に痛みを感じるようになり、次第に歩行にも支障を来すほど痛みが強くなりました。 投薬治療やヒアルロン酸注射を行うも症状はなかなか改善されず、悪化す […]

年数回、意識消失を伴うてんかん発作。過去に遡り障害基礎年金の請求を行い、5年間の遡及分を含めて2級に認定されたケース

てんかんの障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 幼少期よりけいれん、脳波異常が認められたものの、身体の発作は発熱時のみであったため、医師より定期通院・内服は特に必要でなく、発熱時のみ坐薬を入れるよう指示さ […]

注意欠陥多動障害(ADHD)により就労に対する恐怖心から就労不能状態に陥ったことをきっかけに、障害年金の申請を検討。障害厚生年金2級に認定されたケース。

うつ病エピソード、注意欠陥多動障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 不眠、食欲不振、動悸、発汗等の症状に悩まされ、当時勤務されていた会社を退職されました。その後再就職するものの、再就職先での上司との関 […]

脳出血後、記憶が持続しないなどの症状が残り、高次脳機能障害により障害厚生年金の申請を行い2級に認定されたケース

高次脳機能障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 倒れる1か月ほど前から頭痛や吐き気、めまいの症状があり、電車で病院へ向かう途中、突然症状が悪化。駅のベンチに座り、動けなくなっているところを駅員に発見さ […]

膝の痛みをきっかけに受診。その後、指定難病、進行性核上性麻痺と診断され障害厚生年金2級に認定されたケース

進行性核上性麻痺の障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 両膝が痛むようになり近所のクリニックを受診した所、一過性の筋疲労と考えられるため、しばらく様子を見るように言われました。 趣味のトレーニングを1週間 […]