PAGE TOP

脳梗塞を発症後、介護サービスを利用。介護事業所支援員の協力により障害年金の申請を行い、障害厚生年金1級に認定されたケース

脳梗塞の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 頭痛や手の痺れが続いていたためMRI検査を受けたところ、小さな脳梗塞が見つかり、服薬治療を開始しました。以後、月に1回通院をしていましたが、治療開始から約1年後 […]

年数回、意識消失を伴うてんかん発作。過去に遡り障害基礎年金の請求を行い、5年間の遡及分を含めて2級に認定されたケース

てんかんの障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 幼少期よりけいれん、脳波異常が認められたものの、身体の発作は発熱時のみであったため、医師より定期通院・内服は特に必要でなく、発熱時のみ坐薬を入れるよう指示さ […]

注意欠陥多動障害(ADHD)により就労に対する恐怖心から就労不能状態に陥ったことをきっかけに、障害年金の申請を検討。障害厚生年金2級に認定されたケース。

うつ病エピソード、注意欠陥多動障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 不眠、食欲不振、動悸、発汗等の症状に悩まされ、当時勤務されていた会社を退職されました。その後再就職するものの、再就職先での上司との関 […]

脳出血後、記憶が持続しないなどの症状が残り、高次脳機能障害により障害厚生年金の申請を行い2級に認定されたケース

高次脳機能障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 倒れる1か月ほど前から頭痛や吐き気、めまいの症状があり、電車で病院へ向かう途中、突然症状が悪化。駅のベンチに座り、動けなくなっているところを駅員に発見さ […]

就労継続支援A型作業所に通いながら、ADHD(注意欠陥多動障害)・アスペルガー症候群による障害厚生年金2級に認定されたケース

うつ病・ADHD・アスペルガーの障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 仕事でミスを指摘されることが多く、確認行為に時間がかかり過ぎてしまうこと、2つ以上の仕事を並行して出来ないこと等により、上司に叱責され […]

初診時の病院が廃院。当時の領収書により初診日の証明を行い、障害基礎年金2級に認定されたケース

うつ病・ADHD(注意欠陥多動性障害)の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 大学生となり一人暮らしをしていましたが、不眠や倦怠感に悩まされるようになりました。次第に体が鉛のように重くなり、動くことも難しく […]

脳出血による身体麻痺により障害厚生年金3級に認定、等級に不服があったため審査請求を行い、障害厚生年金2級に処分変更されたケース

脳出血の障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 初回のご相談には、ご家族の方が相談にいらっしゃいました。 ご本人様は、半年ほど前に脳出血を起こし救急搬送されました。その後リハビリに励みましたが、まだ半身に麻 […]

成人後、知的障害を背景に持つ広汎性発達障害による申請を行い障害基礎年金2級に認定されたケース

広汎性発達障害による障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 出生時は特に指摘がなかったものの、言葉を発することが遅く、3歳まで一語文しか話せませんでした。幼稚園に入園後は、周りの子供と同じ行動を取ることが難 […]

アスペルガー症候群により自身で請求を行い一度不支給。その後、症状の変化にともない改めて請求を行い、障害基礎年金2級に認定されたケース

アスペルガー症候群による請求(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 最初は、お母さまより連絡を頂きました。お母さまは現在、他の地域にお住まいですが、ご本人は親族の方と一緒に住んでいらっしゃるとのこと。障害年金の手続き […]

障害者雇用の契約終了後、ADHD(注意欠陥多動性障害)による障害年金の申請を行い、障害基礎年金2級に認められたケース

注意欠陥多動性障害、広汎性発達障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 ご依頼者様は、自閉スペクトラム症(広汎性発達障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)で2級の精神障害者福祉手帳を取得していらっしゃいま […]