PAGE TOP

アスペルガー症候群により自身で請求を行い一度不支給。その後、症状の変化にともない改めて請求を行い、障害基礎年金2級に認定されたケース

アスペルガー症候群による請求(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 最初は、お母さまより連絡を頂きました。お母さまは現在、他の地域にお住まいですが、ご本人は親族の方と一緒に住んでいらっしゃるとのこと。障害年金の手続き […]

障害者雇用の契約終了後、ADHD(注意欠陥多動性障害)による障害年金の申請を行い、障害基礎年金2級に認められたケース

注意欠陥多動性障害、広汎性発達障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 ご依頼者様は、自閉スペクトラム症(広汎性発達障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)で2級の精神障害者福祉手帳を取得していらっしゃいま […]

就労支援施設を通じて障害年金という制度を初めて知り、自身が該当するかどうかを知るため、当センターを利用し障害基礎年金2級に認定されたケース

精神発達遅滞の障害年金(事後重症請求) 1.発病からご依頼までの状況 障害年金という制度を知ることになったきっかけは、現在通所している就労支援施設に障害年金を受給している人がいることを知ったことでした。身体の状態は人によ […]

くも膜下出血による高次脳機能障害で障害厚生年金2級に認められたケース

高次脳機能障害の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 夜中に突然自宅で倒れ、医療機関へ救急搬送されました。何度かの手術を経て意識は回復しましたが、両手足に麻痺が残りリハビリテーション病院へ転院しました。 ご […]

就労移行支援事業所に通いながら障害厚生年金の請求を行い3級に認められたケース

注意欠陥多動障害(ADHD)の障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 現在、就労移行支援事業所に通所されており、就職を検討しているもののまだ正式に職には就けていない状況でした。障害年金の申請を主治医に相談し […]

難病による障害年金申請を行い障害厚生年金3級に認定されたが、等級に不服があり審査請求を行った結果、障害厚生年金2級に処分変更されたケース

もやもや病による脳出血の障害年金(認定日請求) 1.発病からご依頼までの状況 朝倒れている所を家族に発見され、救急搬送されました。無事に手術が済み、およそ半年間のリハビリを経て、補装具があれば何とか自力で移動できるように […]

成人後、ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断され障害年金を申請し3級に認められたケース

ADHD(注意欠陥多動性障害)の障害年金(事後重症) 発病からご依頼までの状況 不眠・吃音に悩まされメンタルクリニックを受診。一時期は症状が回復傾向にあったものの、上記症状と共に記憶障害にも悩まされ、いくつかの転院を経た […]

仕事中の落下事故による高次脳機能障害を伴う半身不随で障害厚生年金3級を認められたケース

急性硬膜下血腫、脳挫傷の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 傷病の原因は、仕事中に足場から落下したことによるものでした。頭を打ち意識がなかったため医療機関に救急搬送されましたが、しばらくは昏睡状態であり、 […]

成人後の診察で中等度精神遅滞の診断を受け、障害基礎年金を請求し認められたケース

中等度精神遅滞の障害年金-7(事後重症) 発病からご依頼までの状況 ご本人様は、幼少期の頃「言葉が遅い」「歩き始めるのがやや遅い」等の発達の遅れが見られ、学生時代の頃は勉強についてゆくのが大変でしたが、周りのサポートを受 […]

20歳以降、軽度精神遅滞による障害基礎年金を請求し認められたケース

軽度精神遅滞の障害年金-6(事後重症) 発病からご依頼までの状況 ご依頼者様は、学生時代熱心にスポーツに打ち込んでいたこともあり、学校の授業についていくことが難しい状態でしたが、学業成績が良くないのはスポーツに打ち込んで […]