大腸がんですが、障害年金を受けられる可能性は有りますか?

Q  ご相談

大腸がんですが、障害年金を受けられる可能性は有りますか?

外回り関係の自営業。現在69歳です。

2009年 手術を受けて、人工肛門(ストーマー)になる。

2013年 自力での排尿が困難となり、カテーテルにより、導尿となる。

2013年 癌の影響で足が不自由となり外回りの活動を中止せざるを得ない状況となりました。

現在、日常生活は、介添え無しに過ごしていますが、杖に頼らないと、歩行も困難をきたす状態です。

 

外回りも出来なくなり、収入減も大いに考えられますので今回の問い合わせてさせて頂きました。

回答、よろしくお願いいたします。

 

A 答え

IMG_5648この度はお問合せいただき、ありがとうございます。

障害年金の請求の一つに事後重症請求というものがあり、今回の場合、同じ病気が少しずつ進行し、ストーマから自己導尿という経過を辿っていると推察されます。

いただいた文面より、症状的にはストーマの装着時点で障害年金3級相当、その後自己導尿を実施した時点で障害年金2級相当の可能性が高いのですが、現在既に65歳を過ぎていますので、仮に請求を行ったとしても、実質的なメリットは少ないと思われます。

 

障害年金の請求は原則20歳から65歳までに行う必要があります。
ただし、65歳を超えていても初診日が65歳前にある場合など特殊なケースに
限っては請求できるケースもあります。

実際には既に老齢年金を受給されているケースがほとんどなため、仮に障害年金の
請求を行い認められたとしても、現在の老齢年金に丸々上乗せされる訳ではあり
ませんので、金額が大幅に増えるといったことはあまり考えられません。

あくまでもいただいた文面からのみの推察による回答のため、概略的な内容となり
恐縮ですが、少しでもご参考になれば幸いです。

末筆ではございますが、ご多幸を祈念いたします。

 

 

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン