労災保険の障害(補償)年金

障害の原因となったケガや病気が仕事上の場合でも、障害年金をもらうことはできます。

また、仕事中や通勤途中のケガや病気の場合には労災保険からも補償を受けることができます。
つまり社会保険(障害基礎年金、障害厚生年金)と労働保険(労災保険)の両方から年金をもらうことができるわけです。 このような場合には、障害基礎年金・障害厚生年金を全額支給し、労災保険の障害(補償)年金を一部減額して支給することになります。
また、労災保険から一時金がもらえる場合には減額の調整はされません。

労災保険の障害(補償)額

障害等級

障害(補償)支給額

支給形態

障害基礎年金・障害
厚生年金との調整

第1級

給付基礎日額の313日分

年金

あり

第2級

給付基礎日額の277日分

第3級

給付基礎日額の245日分

第4級

給付基礎日額の213日分

第5級

給付基礎日額の184日分

第6級

給付基礎日額の156日分

第7級

給付基礎日額の131日分

第8級

給付基礎日額の503日分

一時金

なし

第9級

給付基礎日額の391日分

第10級

給付基礎日額の302日分

第11級

給付基礎日額の223日分

第12級

給付基礎日額の156日分

第13級

給付基礎日額の101日分

第14級

給付基礎日額の 56日分

*給付基礎日額とは、労働基準法第12条の平均賃金に相当する額のことをいいます。
労災保険の場合には、年金が1級から7級までの7段階、一時金が8級から14級までの7段階、 合計14等級まであります。 また、障害の認定基準は、障害基礎年金・障害厚生年金と労災の障害(補償)年金とでは違いますので、かならずしも同じケガや病気が原因だとしても等級は一致しません。

調整率

1.障害基礎年金のみ支給の場合
障害基礎年金(全額)+{障害(補償年金) × 88%}
cyousei001

 

2.障害厚生年金のみ支給の場合
障害厚生年金(全額)+{障害(補償年金) × 83%}

cyousei002

 

3.障害基礎年金+障害厚生年金支給の場合
障害基礎年金(全額)+障害厚生年金(全額)+{障害(補償年金) × 73%}

cyousei003

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定