PAGE TOP

心臓の先天性疾患を原因とし、人工弁置換により障害厚生年金3級に認定されたケース

大動脈弁閉鎖不全症の障害年金(事後重症) 1.発病からご依頼までの状況 会社の健康診断にて心雑音、心拡大を指摘され医療機関を受診。心エコーにて大動脈二尖弁、大動脈弁閉鎖不全と診断されました。 しばらくは経過観察でしたが、 […]

僧房弁閉鎖不全症の障害年金(事後重症)

発病からご依頼までの状況 仕事から帰宅後、吐き気やのどの痛みなどの体調不良があり、救急医療機関を受診。検査入院の結果、心臓弁の異常を指摘されて紹介状をだされました。ご本人は体調不良もあり、ご自分での手続きが難しい状況のた […]

大動脈弁狭窄症の障害年金(認定日請求)

発病からご依頼までの状況 数年前から勤務先の健康診断で心電図の異常を指摘されていたが再検査の指示もなく、自覚症状もなかったが、子供とサッカーをしていた際に動悸を自覚。翌年の健康診断でも心電図異常が確認されたため、クリニッ […]

大動脈弁逆流症の障害年金(事後重症)

発病からご依頼までの状況 数年前より動悸や息切れがひどく、少し動くだけでもすぐに疲れてしまう状態のため、人工弁の置換手術を受けた後、当初はご自身で手続きをされたようです。進めていくうちに申立書やアンケートなど、思ったより […]