うつ病の障害年金-7(事後重症)

発病からご依頼までの状況

illust2809

 15年ほど前からストレスによる不眠や食欲不振が生じる。その後も意欲減退や憂鬱な気分から倦怠感が続くようになり、仕事以外のことはできなくなる。断続的に会社を休みながら通院を続けていたが、次第に仕事にも支障がでるようになり、最終的には退職することになる。退職後の生活設計や将来の再就職への不安もあり、当センターへのご来所となりました。

 

ご依頼からの状況

初診日証明の取得サポート

最初はうつ病と診断された訳ではなく、当初は会社の産業医により適応障害という診断がされました。症状的には抑うつ状態を伴うものであったため、こちらでの診断日を初診日とし、証明書の作成を依頼することとなりました。

診断書作成のサポート

診断書作成にあたり、本人の現状を的確に反映していただくため、ヒアリングにもとづくお願い事項を作成と初診日に関する参考資料を添付し、診断書の作成をお願いしました。出来上がった診断書の内容に一部記載漏れがありましたが、当方よりお願いしたところ快く応じていただき、スムーズに追記対応をしていただきました。

申立書の作成

本人から日常生活状況のヒアリングを数回に分けて実施し、年金審査の際、診断書では伝えきれない重要ポイントを詳細に記述し作成しました。

審査結果

illust1329

提出後2か月程で、障害厚生年金2級に認定され年間約120万円の支給が決定しました。

 

 

 

 

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン