うつ病の障害年金-5(事後重症)

発病からご依頼までの状況

illust1276

5年ほど前から夜間一人で家にいると強い不安感に襲われるようになり、次第にその状態が昼間にも現れるようになり、一人で家にいることが出来ない状態になる。加えて職場での人間関係のプレッシャーからさらに不安感が増大し、周囲の人が自分を監視しているように感じられ、次第に頭痛、不眠、食欲不振に悩まされる。メンタルクリニックを訪れたものの、症状がなかなか改善せず、将来の生活の不安もあり、当センターへのご来所となりました。

 

 

ご依頼からの状況

初診日証明の取得サポート

最初からうつ病と診断された訳ではなく、当初は不安障害という診断でしたが、症状の関連性からこちらの医療機関での初診日証明の作成を依頼することとなりました。

 

診断書作成のサポート

当初出来上がった診断書は、審査項目の一部が十分に主治医に伝わっていなかったこともあり、本人の現状を的確に表しているとは言い難いものでした。当センターで協議した結果、ご本人の意向により、再度、改めての診断書作成をお願いしました。その結果、今度は現状を的確に反映した診断書を作成してもらうことができました。

 

申立書の作成

本人から日常生活状況のヒアリングを数回に分けて実施し、年金審査の際、診断書では伝えきれない重要ポイントを詳細に記述し作成しました。

 

 

審査結果

illust1329

提出後、照会事項が入りやや時間がかかりましたが、4か月程で障害厚生年金2級に認定され年間約110万円の支給が決定しました。

 

 

 

 

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン