クローン病の障害年金(支給停止解除)

発病からご依頼までの状況

以前にご自身で障害年金の申請を行い障害基礎年金2級に認定され年金を受けとっていましたが、直近の更新審査の結果で級落ちし、年金支給が止まってしまいました。ご本人のお話によると病状も悪化しているため、審査の結果に納得できず不服申立ても含め再度受給することは出来ないかと当センターへ相談にいらっしゃいました。

ご依頼からの状況

更新請求時等の資料点検および今後の方針決定サポート

ご本人が持参した初回申請時の申請資料一式および更新時の診断書内容を詳しくチェックし、初回請求時からの身体の状態が診断書上、どのような推移をたどっているかを精査しました。これにより、なぜ更新が認められなかったのかを認定基準に照らし合わせ分析をし、合わせて、現在の身体の状態が認定基準を満たすかどうか慎重にヒアリングを行い、支給停止解除請求を行うのが妥当かどうか今後の方向性を一緒に考え決定しました。

診断書作成のサポート

「うつ イラスト」の画像検索結果診断書の内容が最重要となるため、現在の状況(就労に制限があり、職場の理解があるのでなんとか働けている事など)等、しっかり主治医に伝えなくてはいけないポイントをご本人にアドバイスするとともに、ご本人からのヒアリング内容を的確に反映して頂けるよう当事務所からも書面にてお願い文書を作成し、ご本人から主治医に渡していただきました。

審査結果

書類提出後、追加資料の提出を求められましたが、3か月ほどで年間約78万円の年金支給が再開されました。クローン病は難病の一つでもありますが、難病の認定基準は曖昧で個別毎の要件も問われるため、とても判断が難しいとされています。更新時には認定基準が変更されている可能性もあるため、さらに判断が難しくなるケースも予想されますので、早めに専門家への相談をお勧めいたします。

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン