障害年金認定方法

障害年金の請求書が提出されると、申請者が障害年金を受け取るための「加入要件」・「保険料納付要件」・「障害状態要件」を満たしているか否かを行政が確認します。

具体的な流れとしては、まず年金事務所(国民年金の場合は市区町村の国民年金課)の受付窓口で提出書類の不備や不足がないかを確認し、年金を受給するために必要な資格があるかどうかを判断します。ただし、書類に不備や不足があれば、受け取り自体をしてもらえないこともあります。また、いったん受け取りをした後も審査の必要上、追加の書類提出を指示されたり、内容の補正を指示されたりする場合もあります。また、提出書類のひとつひとつに定められた有効期間が設けられている物もあり、せっかく苦労して揃えた書類の取り直しが必要になってしまうこともあります。その後、国の審査部門で障害の状態を認定医が判断します。

障害を認定するにあたっては、疾病ごとではなく、障害ごとに障害認定の基準にあてはめてその等級を決定することになっています。

なお、審査は診断書などの資料を見て客観的に判断します。

つまり、審査は診断書や申立書などの書類の内容ですべて判断するので、限られた期間内で症状に見合った的確な書類を作成すること非常に大事になります。

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン