障害年金受給への『高い壁~その③~』

障害年金申請が非常に難解!!

当センターへご相談にいらっしゃる方は、障害年金の受給をするための要件に何らかの問題点を抱えていらっしゃる方がほどんどです。

障害年金の申請にかかわる手続き業務は非常に複雑で、同じ病名だからといって全く同じように手続きが進むとは限りません。このため、行政関係の方や年金事務所の担当者でも、どうすれば速やかな受給につながる申請ができるか熟知されていないこともあります。これは、担当者の方々の問題ではなく、障害年金の認知度が低く、その説明機会が非常に少ないからと考えられます。

申請の流れが難解なうえ、個々のケースにより手続きの進行内容が異なることもあるため、はじめての方がご自身で申請されると途中で頓挫してしまったり、不支給になってしまったりする場合もありえます。

たとえば、うつ病をはじめとした心の病に苦しまれている方の多くは、長い期間その病に苦しまれており、いわゆる初診日(その病の治療を開始した日)がかなり遡らないとわからないことがあります。このような事も、ご自身で申請手続きを進める際の難易度を増加させる理由の一つとなっています。

また障害年金の制度自体への認知度が低いため、医療機関の方でもその疾病が給付対象なのかわからず、申請のための診断書作成のご判断を適切に行わないケースもあります。

当センターでは、年金担当者や医療機関の方への説明等のサポートも行っており、実際の手続きを進めるなかで多くの方々の受給支援を行っております障害年金の申請はお一人では大変です。今あきらめかけている方、お悩みの方、そのような方が周りいらっしゃる方は、是非一度当センターにご相談にいらしてください。こちらでご相談いただくときの流れをご紹介しておりますのでご参照ください。⇒ご相談の流れ

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定