障害年金の問題点

障害年金を申請するためには、専用の診断書の提出が必要になります。そして、診断書の作成は当然ですが、医師の専門領域になります。

障害年金の認定に関し、診断書は最も重要な書類なのですが、この診断書に関して実際に年金を申請される方から「疑問」「不満の声」をお聞きする機会があります。

その「疑問」や「不満」の理由の大半は、医師の作成する診断書が、実際の症状を的確に反映していない(障害年金を申請される方の日常生活の実態とかけはなれた記述がされている)ということです。

残念なことではありますが、このようなことが起きてしまう理由としては下記のようなことが考えられます。

・医師は、年金を申請する方の日常生活の全てを知ることはできない(日常生活について詳しくヒアリングしている時間がない)

・年金を申請する方が、限られた診察時間のなかで日常生活の実態を医師にきちんと伝える正式な術がない(正式なフォームによる文章提出、または、口述方法)

・そもそも診断書は、年金を申請する側の立場に立って書く必要があるものではない。

こうした様々な問題点を抱えながらも、出来上がった診断書を、何の疑問もなくそのまま提出してしまうことにより、受け取れる年金額が少なくなったり、年金が受け取れなかったりすることもあります。

ただ、反対に医師の立場からすると、これはやむを得ないことであるのも確かです。多忙を極めるなか、一人の患者のためだけに必要以上に自分の時間を投入することはできません。メインの業務でもある診察を行いつつ、限られた時間のなかで記入箇所が多く注意点も多い障害年金専用の特殊な診断書を書かなければならないのです。

障害年金の申請は、申請者と医師との共同作業であるということを常に念頭に置いておく必要があります。

当センターでは、上記のように、年金を申請する方が「悔しい思いをする」ことのないよう、また、多忙な医師が「適切な時間を投入できる」よう双方の立場を理解した独自のノウハウによるサポートをさせて頂いております。 是非お気軽にご相談ください。

サポート内容と料金はこちらをクリック

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定