障害年金をもらうためのポイント

障害年金を受け取るためには、単に障害があることを証明するだけで認められるものではなく、その障害が国の定める障害認定基準・障害認定要領の内容に適合していることを証明しなくてはなりません。

障害年金を受け取るためには障害認定を得ることが必要であり、その認定を得るための最も重要な書類が「診断書」です。

この診断書の記入方法は、障害認定にかかわる大変重要なポイントなので、担当医とよく話し合い、症状を的確に反映し、かつ適切な表現内容を記入していただくことが大切です。

診断書の作成にあたってよく問題になるのが、次のようなケースがあります。初診日と現在とで病名が違う、②症状が複数の箇所に現れている、③過去の症状のため、カルテの保存期間を過ぎていて作成ができない 

このような場合には、手続きが困難なために請求をあきらめてしまう方も数多くいらっしゃいます。

しかし、けっしてあきらめず、専門家に相談することによって請求への道が開かれる場合もあります。

当事務所では、診断書のチェックだけではなく、医師にお願いする際の注意点のアドバイスなども行っております。お気軽にご相談下さい。

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定