うつ病の障害年金-1(事後重症)

発病からご依頼までの状況

illust282115年ほど前から職場での職務内容に対する緊張感、普段の人間関係のプレッシャーから頭痛、不眠に悩まされていました。

人とのコミュニケーショをとることが苦痛で、不安から頭痛、不眠、倦怠感がひどくなり、動悸がしてしまう状態でした。

近所のクリニックをはじめ、幾つかのクリニックで薬物療法を続けるが症状は改善せず、また、現在は入院をしていてご家族の力を借りても請求が困難な状況とのことでした。

 

ご依頼からの状況

初診日証明の取得サポート

ご本人は初診当時のカルテもなく、初診日証明がとれないのではと非常に心配していましたが、当時の診察券を持っていたため、当方が病院に確認し診察券の打ち抜き箇所より初診月まで特定。

無事、初診日として認められました。

 

 

診断書作成のサポート

診断書の審査項目にもある、適切な食事の摂取が一人でできない事が十分に主治医に伝わっておらず、現実と診断内容に相違がみられ、主治医との意思疎通が上手くいっていない様子でありました。

そのため、主治医宛ての日常生活状況をまとめた参考資料を作成。

重要項目への注意書きとともに、現状を的確に反映した診断書を作成してもらうことに注力しました。

 

 

申立書の作成

本人と家族から日常生活状況のヒアリングを実施し、年金審査の際、診断書では伝えきれない重要ポイントを詳細に記述し作成しました。

 

審査結果

illust1329提出受付からわずか1か月以内という、異例の速さで障害基礎年金2級に認定され年間約78万円の受給が決定しました。

 

 

 

 

 

 

無料相談会ご予約受付中! 028-612-5571
障害年金無料診断キャンペーン
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定